手形割引の基礎知識 銀行と手形割引業者との違い 手形を受け取る時 手形割引業者の選び方手形割引の審査とは 手形を割引く時に 知って得する手形割引のプロテクニックサイトマップ TOPページ
手形割引の基礎知識 HOME > 手形の裏書の仕方

優良な手形割引業者のご紹介
スマホ簡単にお申込みいただけます。日栄倉庫株式会社 手形割引日栄倉庫
 

『How to 裏書』

 手形を割引く場合や、支払に廻す場合には、必ず手形に裏書をしなければなりません。皆様から、裏書の仕方が分からないというお問い合わせや裏書が不備なケースが見受けられます。

 裏書不備の場合は、その裏書を抹消しその下に新たに裏書をし直さなければなりません。手形割引業者へ手形を送られても、裏書不備では割引が出来ませんので皆様へ手形を送り返すことになり、割引の実行が2〜3日遅れる事になってしまいます。

 裏書の仕方の不注意で皆様の大事な資金繰りが狂ってしまうことになります。その様なことにならないためにも、裏書は間違いがないよう慎重にお願い致します。

YouTubeで裏書の仕方・訂正の仕方をわかりやすく説明しています。

良い例

赤線の枠内に納まる様、社判と印鑑を押して下さい。 押印する印鑑は銀行届印でなくてもよい。

1、個人なら住所・家号・氏名・印鑑
2、法人なら住所・会社名・代表資格・代表者名・印鑑 また、被裏書人の欄には次に手形を渡す先(譲渡先)の社名(法人または個人名)を記入するのですが、記入しなくても裏書は有効です。

裏書 良い例

クリックで拡大します

悪い例

赤線の枠内に納まっておらず、被裏書人の枠にハミ出して社判と印鑑が押されている。

また、社判がつぶれていたり、押印が不鮮明なものは、抹消してその下に新たに押し直した方が良い。

裏書 悪い例

クリックで拡大します

抹消の仕方

裏書を間違えた場合は、その裏書を抹消し、その下の欄に新たに裏書きをやり直します。

1、手形用紙の幅いっぱいに×印をボールペン等で書き、×印の中心に押印をする。
2、その下の欄に赤線の枠内に納まるよう社判と印鑑を押す。

裏書 抹消の仕方

クリックで拡大します



銀行と手形割引業者との違い手形を受け取る時手形割引の審査とは手形割引業者の選び方
手形を割引く時に知って得する手形割引の上級テクニック手形割引に便利なサイト手形割引の基礎知識 HOME

手形に関する情報サイト
手形割引の基礎知識

※当サイトと偽った類似した悪質なサイトにご注意下さい

Copyright Nichiei Soko Co.,LTD. 2006-2010 All rights reserved.